2010年05月27日

<口蹄疫>「殺処分奨励金」評価全額支払い方針 農相が表明(毎日新聞)

 口蹄疫(こうていえき)への対応について、赤松広隆農相は21日の閣議後会見で、ワクチン接種後に殺処分する家畜の農家に支払う「殺処分奨励金」は家畜を個別に評価して評価額の全額を支払う方針を表明した。飼育再開までの生活支援費や処分までの飼育コストなども支払うとした。

 赤松農相は19日に、移動禁止区域内の未感染の家畜にワクチンを接種した後に殺処分する場合の奨励金を牛60万円、豚3万5000円程度と述べたが、この日の閣議後会見で「個別に評価する。(言った額は)平均価格」と表明した。【佐藤浩】

【関連ニュース】
口蹄疫:20万5000頭処分 政府決定
口蹄疫:野党が政府の初動遅れ追及へ
口蹄疫:ユニーとダイエー、義援金の受け付け始める
TBS:裏付け取材不十分と謝罪 赤松農相のゴルフ報道で
口蹄疫:国の支援を緊急要望 九州各県議会議長会

<大相撲>親方2人、案内所に向こう正面依頼 暴力団観戦で(毎日新聞)
PCI背任、元社長ら無罪確定へ 東京高検が上告断念(産経新聞)
<指定薬物販売容疑>ラッシュ9千本密売か、警視庁が男逮捕(毎日新聞)
<真夏日>群馬・館林で33.4度…全国102地点で記録(毎日新聞)
「極めて深刻」県幹部会見 主力種牛感染疑い(産経新聞)
posted by カスヤ シンイチ at 16:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。