2010年01月25日

震える声「やってません」=「自白」撤回のテープ再生−足利事件再審公判・宇都宮(時事通信)

 栃木県足利市で1990年に4歳女児が殺害された足利事件で、無罪が確定的となっている菅家利和さん(63)の再審第4回公判は、21日午後も宇都宮地裁(佐藤正信裁判長)で続いた。菅家さんが検察官の調べに虚偽の「自白」を撤回し、震えた声で否認に転じた生々しい様子が録音テープで再生された。午後の公判では、菅家さんが足利事件の一審公判で「自白」から否認に転じる約2週間前の92年12月7日、森川大司元検事が菅家さんを取り調べた際の録音テープなど2本が再生された。
 再生テープによると、足利事件と別の女児殺害事件2件(未解決)について、「本当に君がやったのかそこを聞きたい」と森川元検事から問われ、菅家さんは一転して「やってません」と震える声で答え、3事件を否認。県警が逮捕前日に任意同行した時の出来事を中心に10分ほど詳細に語った後、「警察で夜遅くまで調べられまして。全然認めてくれないんですよ。このままやってないと言うと、殴るけるとかされるんじゃないかと」と声を詰まらせた。
 元検事が事件への関与を再度確認すると、「全然かかわっていません。絶対言えます」と返答。「裁判所では事件は間違いないと認めたでしょ。なぜなの」と聞かれると、「警察の人が裁判の時はちゃんと話すんだぞと言うから」「警察でも拘置所でも同じような所と考えてた」と涙声で説明した。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
取り調べテープ再生=「話しちゃえよと言われた」
拘置所移送中、警官に暴行=脅迫で起訴の男逮捕
山本死刑囚が病死=組長ら5人射殺
菅家さん、故郷で除夜の鐘=釈放後、初の年越し

<地質年代「第四紀」>258万年前からに変更 再調査で(毎日新聞)
サイト利用料を架空請求=詐欺未遂容疑で15人逮捕−警視庁など(時事通信)
<電車内痴漢>39人を検挙 首都圏の新学期集中取り締まり(毎日新聞)
産科補償制度、初年の補償対象者は12人―診断医に迷いも(医療介護CBニュース)
公用パスポート悪用か 警視庁が捜査員派遣 偽装日系比人の密入国事件(産経新聞)
posted by カスヤ シンイチ at 10:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。